音楽芸能ブログ〜音楽・芸能活動に役立つ研究レポート

芸能活動(特に音楽活動)に役立つ情報を 無料公開中!

声が途切れがちになる

今日は
声が途切れがちになる
について研究したいと思います。


まず、どうしてそのような問題が起こるのか?


それは…
身体と呼気の使い方
が原因で起こります。


なので、あれやこれや悩む前に
まずは身体を鍛える
これから始めなければいけません。


身体を鍛えていないのに
許容量以上の息を吐き過ぎると
過換気症候群(過呼吸)
になる場合が多くなります。


下手をすると
歌っている途中ステージの上でバタリ…
なんていう悲惨な結果が待っています。


「自分は倒れたことないから大丈夫!」
と思っている方は、非常に残念ですが
あなたのレベルはそこ止まりでしょう(^▽^;)


なぜならば、日本一売れているアーティストの
B'zの稲葉浩志さんでさえ
毎日のトレーニングを欠かしておりません。


なぜ稲葉さんを例に出したかというのは
このブログの去年の記事を読んでもらえたら
お分かり頂けると思います。


日本一の方が毎日やっていることを
何倍も努力してこなさなければ
自分が成功することはまずあり得ません。


自分たちより上のステージにいる方々と
同じく肩を並べるためには
その方々以上に努力をしないと
一生追いつくことはありません!


そのためには…
エアロビクス・ダンス・水泳 など
呼吸をふんだんに必要とする運動
によって、呼吸する力
強くする必要があります。


プロを目指すヴォーカリストのほとんどが
実は充分に息を吐ける身体になっていない
と、言われているくらいなのです。


歌にエネルギーを感じられない
という悩みを持っている方々のほとんどが
呼吸力の不足 とも言われています。


呼気を声に変える効率が悪く
息のロス が多いと
さらにパワー不足になります。


しかし、鍛えたからといって
すぐに効果が現れるというものでもありません。


根本的には
声と息とが深くなり
この2つが結びつくのを待つ

そのために身体を鍛える必要があります。



今日の研究レポートはここまでです。