音楽芸能ブログ〜音楽・芸能活動に役立つ研究レポート

芸能活動(特に音楽活動)に役立つ情報を 無料公開中!

ヴォイトレと表現力

今日は
ヴォイトレと表現力
について研究したいと思います。


ヴォイストレーニングをすることで
歌の表現力は鍛えられるのか?という
疑問がわいてきたので
ワタクシなりに調べてみました。


色々調べてみましたところ
『ヴォイトレは基本を鍛えるためのもの』
であって、表現力は応用の領域である
ということがわかりました。


つまり、ヴォイストレーニングとは…
声を鍛える基本的なものであって
歌の表現力をアップさせるためには
応用力をアップさせる必要がある

という訳なんですね。


「でも、ヴォイトレで歌が上手くなるのは事実じゃん!」
という声も聞こえてくると思います。


その理屈も調べてみましたところ…
声の基本力がアップすれば
自然と応用力も多少はアップする

とのことです。


なるほど!!( ̄▽+ ̄*)


たしかに、もともとの声の底力がアップしていれば
特に何もしていなくても
ある程度の歌唱力アップにはつながる

という訳なんですね。


では、ヴォイトレではどういった基本力を
身につけたら良いのか?ということが
ワタクシが次にわいてきた疑問でした。


これもワタクシなりに調べてみたところ…
ご自分のやりたい(習得したい)
ジャンルによって異なる

ということでした。


つまり…
ポップスならポップスの
R&BならR&Bの基本力を
それぞれ身につける必要がある

という訳です。


たしかに、ポップスを歌いたい人が
R&Bのような発声法や表現力は
ちょっと違いますし、逆にR&Bを歌いたい人が
ポップスのようなやり方ではパワー不足になってしまう
ということが起こってしまいます。


それぞれのジャンルに適した
基礎力をヴォイトレで学び
それ以外の応用力はまた別に学ぶ

ということが必要になってくる訳ですね♪



今日の研究レポートはここまでです。