音楽芸能ブログ〜音楽・芸能活動に役立つ研究レポート

芸能活動(特に音楽活動)に役立つ情報を 無料公開中!

歌い出しがヘタな最大の理由

本日のリズム論は…
歌い出しがヘタな最大の理由
というテーマで研究したいと思います。


"歌い出しが苦手" という人がいまして
なぜ歌い出しがヘタなのかという
理由も分からないまま改善できない

と悩んでしまっているパターンの人です。


けっこう皆さんが思っている解釈が…
自分はリズム感が悪いから
きっと歌い出しがヘタなんだ

という間違った解釈をされてるんですね。


これを正確にご説明しますと、実のところ
リズム感というよりは、むしろ
歌い出しのリズムの捉え方に問題

があるということが言えるんですよ。
(リズム感が良い人でも間違ってる人も)


歌い出しの上手いヘタは、ただ1つを
知っているか知らないかだけで
リズム感とはあまり関係がないこと

だとワタクシの経験上断言できます。
(知ればスグに解決することができます)


まず、歌い出し前のことを思い出して
歌に入る前皆さんは何をしてます?
という質問に対して何と答えるか

大半の人が「リズムを数える」でしょう。
(実は数え方に問題があるんです )


ヴォーカリストで1番多く見掛けるのが…
1・2・3・4と、リズムの頭のみ
つまり大雑把にしか数えていない

という人ばかりなのでヘタなのです。
(このとり方は素人の数え方ですね)


では、歌い出しが上手くなるための
リズムの数え方はどうやるか?をバラすと
12345678という感じで
できる限り細かく細かく数える

これだけで歌い出しが上手くなります!!
(この数え方にもコツがあるんですがw )


そして、この数え方をイントロ中から
歌い出しまでの間でやることにより
その曲にどうやってのるか?

まで分かってしまうので一石二鳥です。
(このやり方を知らない人が実に多いです)



今日の教訓:
歌い出しがヘタなのは単純に
リズムの数え方を知らないだけ


ルピクリン