音楽芸能ブログ〜音楽・芸能活動に役立つ研究レポート

芸能活動(特に音楽活動)に役立つ情報を 無料公開中!

歌い出しがヘタな最大の理由

本日のリズム論は…
歌い出しがヘタな最大の理由
というテーマで研究したいと思います。


"歌い出しが苦手" という人がいまして
なぜ歌い出しがヘタなのかという
理由も分からないまま改善できない

と悩んでしまっているパターンの人です。


けっこう皆さんが思っている解釈が…
自分はリズム感が悪いから
きっと歌い出しがヘタなんだ

という間違った解釈をされてるんですね。


これを正確にご説明しますと、実のところ
リズム感というよりは、むしろ
歌い出しのリズムの捉え方に問題

があるということが言えるんですよ。
(リズム感が良い人でも間違ってる人も)


歌い出しの上手いヘタは、ただ1つを
知っているか知らないかだけで
リズム感とはあまり関係がないこと

だとワタクシの経験上断言できます。
(知ればスグに解決することができます)


まず、歌い出し前のことを思い出して
歌に入る前皆さんは何をしてます?
という質問に対して何と答えるか

大半の人が「リズムを数える」でしょう。
(実は数え方に問題があるんです )


ヴォーカリストで1番多く見掛けるのが…
1・2・3・4と、リズムの頭のみ
つまり大雑把にしか数えていない

という人ばかりなのでヘタなのです。
(このとり方は素人の数え方ですね)


では、歌い出しが上手くなるための
リズムの数え方はどうやるか?をバラすと
12345678という感じで
できる限り細かく細かく数える

これだけで歌い出しが上手くなります!!
(この数え方にもコツがあるんですがw )


そして、この数え方をイントロ中から
歌い出しまでの間でやることにより
その曲にどうやってのるか?

まで分かってしまうので一石二鳥です。
(このやり方を知らない人が実に多いです)



今日の教訓:
歌い出しがヘタなのは単純に
リズムの数え方を知らないだけ


ルピクリン

  

歌は何を聴いてリズムをとるか

本日のリズム論は…
歌は何を聴いてリズムをとるか
というテーマで研究したいと思います。


『何を聴いて』と書きましたが、これは
オケでもバンドでも、演奏での
リズムをとる場合は何を基準に

リズムをとるか?という意味です。


けっこう当たり前の質問ですが、実は…
意外と感覚的と言いますか
適当な感じにリズムをとっている

という人が少なくはないんですね。


その証拠に、歌の伸ばすところで…
全然テンポと関係ないくらい
伸ばしたり切ったりしてしまう人

がいらっしゃるのは否めません。


ワタクシが思うのは、伸ばしが適当なのは
リズムをしっかりと捉えていない
というよりもリズムにのれていない

ことの方が大きな理由だということです。


では、ヴォーカリストさんに質問します
あなたはオケの何を聴いてますか?つまり

歌を歌うとき、演奏の何を基準に
毎回歌を歌っているか教えて欲しい

とワタクシは質問させて頂きたいです。


演奏の何を聴いて、何を基準にして
『その歌を歌っているか?』が大事で

オケや演奏をよく聴くと言っても
何を聴いたら良いか腑に落ちないと

あなたのリズム感は全く良くなりません。
(まぁ、言われてみればそうですよねw)


それに、ダンスのレッスンのときもですが
ダンスのリズムが悪い人というのは…

残念なことに、歌のリズムも悪く
これは同じ身体から発しているから

という理由以外はないと思っています。
(逆にリズム感さえ良くすれば両方解決!)


まとめますと、どんなに意識して聴いても
何を聴いてリズムの基準にしているかを

まず知ってその精度を上げていく
これこそが上手くなる一番の近道だ

というのが、ワタクシの意見でございます。
(この答えはレッスンでお教えします)


ちなみに、この何を基準にするかが
分かってしまうと何倍も上手くなります♪



今日の教訓:
歌を歌う際には何を基準に
リズムをとるか知ると上手くなる


ルピクリン

  

リズムが良くなる方法はキムタク

本日のリズム論は…
リズムが良くなる方法はキムタク
というテーマで研究したいと思います。


『キムタク』と書きましたが、これは…
木村拓哉さんのことではなくて
リズムの数え方をキムタクにする

という意味で書いております。


数え方をキムタクにするという意味は…
普段1・2・3・4と数えるのを
キムタク・キムタクに置き換えて

リズムを把握していくということです。


そのキムタクの際に、キムよりも…
タクの方にアクセントを意識して
西洋音楽のリズムのとり方を体得

すれば非常に合理的な練習になります。


この練習方法をワタクシは、勝手に…
キムタク練習法と読んでいて
普通にとるよりもさらに上手くなる

ということを体験しております。


では、どうしてキムタクでとると
普通にとるよりも上手くなれるのか?ですが
キムタクのタクを意識してとると
リズムのとり方が平じゃなくなる

という理由が要素としてあります。


リズムというのは間隔と強弱が大事で
『一定の間隔と強弱の変化 』で構成され

機械的な精度をほこる緻密な間隔と
波打つようなウネウネした強弱感

というのがもっとも理想とされています。
(よくグルーヴ感とも言いますよね)


それに、POPSやROCK、R&Bが大好きで
普段からそういった音楽しか聴かない人は

このキムタクのタクの部分にオケの
スネアが来る仕掛けになっている

ため2拍4拍のリズム感が養われます。
(音楽を聴く際もこのとり方が大事ですね)


まとめますと、ただカウントしてるより
キムタクでしかもタクを意識してとる方が

自然と西洋音楽の正しいノリ方も
身体にすり込まれて一石二鳥である

というのが、このキムタク練習法なのです。
(キムタクをチクタクにしてもオッケー)


ちなみに、このリズムのノリ方を知らずに
歌・ダンスをしている人はとても多いです♪



今日の教訓:
普通にカウントしてのるよりも
キムタクのタクを意識してのる


  

先生はリズムのとり方が違った

本日は
先生はリズムのとり方が違った
というテーマで研究したいと思います。


『とり方が違った』と書いたのには訳があり

実は以前、ダンスレッスンの現場で
先生が生徒に教えてるのを見ていた

のでこういう書き方をしました。


実際にダンスを習っている生徒たちより
後ろから先生と生徒さんのダンスを
見比べている方が儲けものだな

という感じで得した気分で見ていました。


そこで、先生と生徒さんたちの動きで
決定的に違うことをいくつか発見し
どういったポイントを踏まえて練習

すれば効率的に練習できるか考えました。


結論から申し上げてしまいますと、決定的は
先生と生徒さんたちのダンスでは
リズムのとり方(感じ方)が違い過ぎる

ということが見学していて分かりました。


これは仕方のないことで、初心者だったら
先生の動きに付いていくことで精一杯で
とてもとてもリズムのとり方までは
頭が回っていなくてカッコ悪いことに

なってしまっているのがあります。


どういうことかと申しますと、先生のダンスは
『手足の指先までリズムを感じて』いましたが
生徒さんたちのダンスはまるで真逆で
指先はダラーンで下半身はお留守

という感じでとてもカッコが悪い感じでした。
(これは徐々にできれば良いと思います)


それで、先生はどうして指先までリズムを
とることができているか?を見ていたんですが
指先までしっかりと意識して踊ること
もなんですが『リズムのとり方』の違い

もカッコ良く踊れているコツの1つでした。


簡単に説明してしまいますと、生徒さんたちは
1・2・3・4 と大雑把にとっていましたが…
先生は4拍をさらに細かく4分割して
ちゃんと16ビートで常にダンスしている

というところがもっとも大きな違いでした。


ちなみに、この辺りのリズムに関しては
とても大切なのでさらに研究します♪



今日の教訓:
先生と生徒さんたちの一番の違い
それは動きよりもリズムのとり方


ビクラムヨガ

  

海外の影響

今日は
海外の影響
について研究したいと思います。


「外国人の方がリズム感が良い!」
そう考えている方もいらっしゃると思いますが
正確なところ…
外国人だからと言ってリズム感が良い訳ではない
のです。


ワタクシ、こう見えて
クラブに行ったりするのですが
踊っている外国人 を見ていたら
リズム感の良い人とそうでない人がいる
というのに気づきました。


なので、日本ではなく
海外の方がリズム感を高められる
とお考えの方がいましたら
ひと言
リズム感と海外は関係ない
という解釈をした方が正しいと思います。


それよりも
日本人でも良いと思う人の良いところは取り入れる
という方が、海外に行くよりも
合理的であるし何より早い です。


これはけっこう有名な話ですが、
宇多田ヒカルさんのリズム感の良さは
人種もニューヨーク出身もあまり関係ないとされています。


環境がリズム感を養ってくれる!


ここで ポイント なのが
人種や出身 ということではなく
育った環境 というところです。 


ですから
「自分は日本人だし…田舎に住んでるからなぁ…」
と卑屈にならず
環境がリズム感を育ててくれる
ということを忘れないで欲しいのです。


つまり
人種のるつぼニューヨーク
と同じ感覚のように


人種や出身など気にせず、
様々な人種と自分は対等

という考えを持ち
相手の才能には敬意を、自分の歌にはプライドを
が大切だと思います♪



今日の研究レポートはここまでです。


  

プロとアマではリズムが違う

今日は
プロとアマではリズムが違う
について研究したいと思います。


このブログでは
プロフェッショナルになるためには何をしたら良いか?
ということを、日夜研究している訳ですが
皆さんのためになっているか常に気になっております。


「本当に音楽が好きだからプロになりたい!」

「音楽以外には何も考えられない!」

「音楽以上に物事に夢中になれない!」

という方々が、たくさんいらっしゃると思います。


その 『好きなこと!夢中になれること!』 で
プロになっていくためにはどうしたら良いのか?ということを
ワタクシなりに調べたり考えた結果…


効果の高いこと(練習や理論)だけを
いかに合理的に、そして
少しでも多く取り入れることができるか?

というのが、いま言えるワタクシのすべてです。


この世の中には、実に色々な練習方法や
様々な理論が出回っている訳ですが
それを端から端までやっている時間は
どう考えてもありませんし、できないとも思います。


従って、自分が上手くなるための要点だけをおさえた
練習のツボだけをダイレクトに教えてもらう
というやり方が、一番プロへの近道になると信じています。


そのために、プロとアマでは何が一番違うのか?
ということを常に考えている必要があると
ワタクシは思っております。


プロとアマで決定的に違うのは…

 リズム感

ということが、絶対的にハッキリと言い切れます!


歌にしても、楽器の演奏にしても、ダンスにしても
どうしても見た目などばかりが目についてしまい
この目に見えにくい 『リズム感』 を軽視しがちです。


本当にプロになりたい!と思っていらっしゃるのでしたら
どうかリズムだけの練習は毎日行って下さい!


その際に、本当に効果がある練習だけをする
ということにも気をつけて行って下さいね♪



今日の研究レポートはここまでです。


  

1にも2にもリズム練習

今日は
1にも2にもリズム練習
について研究したいと思います。


楽器屋や事務所主宰のバンドクリニック
などがあることをご存知でしょうか?


バンドやユニットのメンバーと参加して
プロのミュージシャンの方から
アドバイスを受けるというのが目的です。


お値段の相場は
メンバー4人で参加して
約1万円~というのが一般的ですね。


「割り勘で1人約2,500円か!安いじゃん!」
と思った方は、参加することは容易ですが
「私はソロ(ユニット)だから高いなぁ…」
というふうに思った方は
参加しようかどうかためらっちゃいますよね…


いったいどんなことを習えるのか
分からないものにお金を出す
これほど不安なものはないと思います。


「行ったら勉強になるんだから良いじゃん!」
まぁ~こういう考え方ができるのは
金銭的にも時間的にも余裕がある方のみだと
ワタクシも考えるところであります。


ただ、勘違いして欲しくないのは
こういった考え方が悪いということではありません。


人は1人1人違うのですから
それと同じように
その人その人の事情も違う
ということを声を大にして言いたいのです。


では、こういったクリニックやセミナーに
行く余裕のない方はどうしたら良いか?


ワタクシが常日頃から思っているのは
『まずは基礎の基礎であるリズムを固める』
というところから始めるのが良いです。


寄席ってありますよね?


寄席というところは
面白い話を聴かせてもらえるところですが
その面白い話というのも
元になっている『基礎的な教養』がないと
落語家さんたちの話を楽しむことができません。


実は、ヴォイトレやクリック・セミナーも
これと同じことが言える訳です。


なので、まずは…
1にも2にもリズム練習
ということを心掛けて(意識して)

日頃から自分を高めていきましょう!


ちなみに、練習という本当の意味は…
自らで工夫して技術の向上をはかる
ということであり、工夫なき反復というのは
正確には練習にはなりませんのでご注意を♪



今日の研究レポートはここまでです。