音楽芸能ブログ〜音楽・芸能活動に役立つ研究レポート

芸能活動(特に音楽活動)に役立つ情報を 無料公開中!

ライヴ当日にできること

本日のアーティスト論は
ライヴ当日にできること
というテーマで研究したいと思います。


さぁ!ライヴを迎えた当日には
いったい何ができるのか?と言いますと…
・なるべく早く起きておく
・午前中の早い時間に朝食をとる
・入念にうがいをする
・水分を多めに摂取する
・身体が起きるまで歌うことを避ける

などのことができることとなっています。
(趣味で読まれている人々は除かれます)


いくつかやった方がよいことがありますが
この中でも早く起きることと
身体が起きるまで歌わないこと

が特に重要になってくると言えます。
(他の項目も余裕があったらやりましょう)


身体は完全に目覚めるのには
10時間ほどかかると研究しましたが
やはりライヴは身体が資本なので
身体が完璧に起きてないといけない

というのが一番気をつけることですね。


補足すると、起きて3時間くらいは
頭の回転も悪くなってしまっているので
神経が鈍っているときには
大声を出すことを避け喉を守る

ということも大事だと言えます。


そして、リハーサルでできることが…
・本番と同じ声量で歌う
・自分のモニターをチェックする
・歌詞を再確認し完璧に暗記する
・発声と腹式呼吸を入念にする

などのことができることです。


どれも大事な項目なんですが
この中でも特に大事な項目は
同じ声量と自分のモニターチェック

であるとワタクシは考えております。
(余裕がある人は全部やってみましょう)


リハーサルというのは、あなたのチェック
以外にも周りのスタッフさんもリハしてるので
機材の調整や他の様々な都合で
本番同様にやらないと迷惑がかかる

ということが言える訳なんですね。
(知らなかった人は今日からやりましょう)


それと、客席の音ばかり気にしている
という人も稀にいらっしゃいますが…
一番大切なのはご自分の転がし
(フットモニターなど)のチェックである

ということを忘れないようにしましょう。


ちなみに、ライヴ当日に告知するのは
手遅れに近いのでやめておきましょう♪


今日の教訓:
ライヴ当日にできることをする
これこそがプロのアーティストである


  

ライヴ前日にできること

本日のアーティスト論は…
ライヴ前日にできること
というテーマで研究したいと思います。


ライヴ前日で緊張する人、そうでもない人
様々なかたがいらっしゃると思いますが
大事なライヴの前日はどのように
過ごす方が賢明なのか?について

ワタクシも色々と研究しております。


まず、やった方がよいことの前に
やらない方が身のためを記載しますと…
ライヴ前日は声を出す過度な練習と
最後の追い込みのような告知メール

はしない方がよいとされています。


ライヴ前日となると、どうしても声を出して
最後の確認のために練習をしてしまいますが
声は消耗品なので、前日に使うと
使いたい当日にベストな状態にならない

ということを多くの人から聞いております。
(嘘だと思いましたら試してみるとよいでしょう)


それから、前日の告知メールは暇な人には
とても効果があるとは思いますが
だいたいの人は予定を決めて動くので
前日にメールをもらっても迷惑になる

という可能性がとても高まってしまうからです。
(これを繰り返すと人間性を疑われます)


では、ライヴ前日というのは何をするのが
本人にとっても周囲にとっても賢明か?ですが
・声を出す練習を控え身体を動かす
・柔軟体操やマッサージをする
・歌詞を読み込んでイメトレをする
・本番の10時間前に起きるように寝る
・夜に軽く腹筋と背筋をする
・プロポリスを喉のために摂取する
・ライヴ構成を確認し構成表を作成する
・顔の筋肉をよく動かしておく
ライヴハウスの下見をする(道順など)

など、をすることがベストだと心得ております。


上記の中でも、とくにお勧めしたいのが
本番の10時間前に起きるように寝る
ことで本番の体調をベストに持ってく

という方法です。


人間の脳は、起きてもスグには働かない!
ということはけっこう知られていることですが
実は身体も起きてスグには働かず
ベストな状態になるまで10時間かかる

ということを聞いたことがあります。
(昼起きる夜型人間さんは経験あると思います)


ただ、10時間も前から起きていると
脳が疲れてしまうこともあるそうなので
頭が疲れてしまったら15分くらいの
昼寝をとって脳だけを再起動させる

方法だと身体はなまらないと言われています。


ちなみに、10時間前に起きるのがムリなら
なるべく早めに起きておくのでも効果的です♪


今日の教訓:
ライヴ前日にできることがあるなら
必ず前日にやっておくのが真のプロ


休む技術 (だいわ文庫)

休む技術 (だいわ文庫)

  

時間は巻かない押さない

本日のアーティスト論は…
時間は巻かない押さない
というテーマで研究したいと思います。


業界用語の1つかは定かではありませんが
主にライヴでよく使う用語の1つに
時間に関して巻く(早い)押す(遅れる)

というのがあります。


よく、ライヴハウスなどの世界では
イベンターさんなどのスタッフさんたちが
このMCは巻き目でお願いします!
時間がかなり押しています!

という感じで使う用語のことですね。


時間ピッタリのことをオンタイムと言いますが
基本的にアーティストたる者は
時間に関してオンタイムで行動する

という感覚がとても大事になってきます。


今日の研究は、ワタクシが実際に経験した
どうしてオン(タイム)が基本なのか?
巻きや押しはどうしてよくないか?

について深く掘り下げていきたいと思います。


まず、いちばん簡単なところから言いますと
オンタイム通りに進めば順調に事が運び
様々な人たちの時間のムダにならない

ということは誰でも分かると思います。


次に簡単なのが、押しに関してで
これは単純に考えて予定が遅れて進んでるので
スケジュール通りに物事が運ばないし
現場の人たちの拘束時間も延びてしまう

ということが起こってしまいます。


なら、巻いた方がよいと考えるかもですが
巻いたら巻いたで今度は早いため
予定の時間じゃないから事が進まない

という押しと同じことが起こってしまいます。


多数のアーティストが一緒にライヴを行う際
当初の時間でファンに伝えてあったりするため
巻いたらまだ来てなくて観れない
押したら居られなくて観れない

というクレームを頂いたことがありました。


ちなみに、ライヴの持ち時間もオンタイムで
30分なら30分フルに使ってオンにしましょう♪



今日の教訓:
これからのアーティストは時間に
オンタイムで動けるようにするべし


バンド・スコア アニソン超☆定番ベスト20

バンド・スコア アニソン超☆定番ベスト20

  • 発売日: 2011/09/05
  • メディア: 楽譜

  

これからのアーティスト像

本日のアーティスト論ですが
これからのアーティスト像
というテーマで研究したいと思います。


時代とともにアーティスト像も変わり
スーパーヒーローが求められた時代から
親近感や友達感覚が求められる時代

になってきていると思います。


むかしは、社会的な構造が縦社会でしたが
今の人、特に若い世代では
横並びの社会という考え方が中心

になってきている訳です。


ゆとり教育の名残ではありませんが
競争よりも共存の時代に移って
ナンバーワンよりオンリーワンの価値

ということが求められているからですね。


なので、これからアーティストを目指すなら
スーパーヒーロー的な存在じゃなく
フレンドリーで親しみやすい存在

の方が求められる人財になるでしょう。


ということは、つまり必然的に…
人の話が聞けたり労ったりできる
人間になっていかなければならない

ということが言えると思うんですね。


デジタルテクノロジーが目紛しいスピードで
進化しまくっている時代だからこそ
せめて人としてのアナログな部分

を大切にしようよという動きがあります。


情報過多になってしまいがちな現代だからこそ
人と会うということを大切にしたり
気持ちなどの見えない価値を重んじたり

するという訳ですね。


これからの時代は、つながれない人よりも
つながって会えるアーティストの方が
皆さんに求められ重宝される存在

だということが言える訳です。


ちなみに、アイドル像も同じ現象でして
会いに行けるアイドルがまさにこのことです♪



今日の教訓:
これからのアーティスト像は
つながって会える存在が求められる


  

どのような努力がよいか

本日のアーティスト論ですが
どのような努力がよいか
というテーマで研究したいと思います。


世の中には様々な努力がありますが
結果にこだわった努力、つまり
自己満足では終わらない努力

を心掛ける方がよいと思います。


アーティスト志望のかたというのは
決めつける訳ではありませんが
どうしても自分のこだわりが出て
なぜか結果にはこだわらない

という人が多いのではないかと。


言い方が悪くて申し訳ありませんが…
ご自分の世界観を大切にするのも
他人が評価してくれてからにする

これを意識して活動する訳ですね。


まぁ、これはワタクシ自身が
身をもって体験した後悔なので
結果が残せなかったら負けだ

と今は正直そう思っております。


人から評価されないモノには価値はない
そこまでは言いませんが、やはり
何かしらの価値を残しながらやる

ということはとても大切だと思います。


例えそれが、大きな目標じゃなく
簡単に乗り越えられる目標でも
1つ1つが自分の実績になると考え

結果にこだわりながら行うことです。


ワタクシもそうでしたが、どうしても
大きな目標を持って活動している人は
その目標以外のものが見えなくなり
小さなことからコツコツと

という考えもなくなりがちになります。


しかし、例え小さなことでも結果になれば
ご自分を評価してくれる価値になるので
必ず結果を残せる努力をする
という心構えが大切だと今は思う

これが自分の後悔から学んだことなんです。


ちなみに、昨日も書かせて頂きましたが
人は他人の評価の中で生きているものです♪



今日の教訓:
評価はいつも他人が下すものなので
必ず結果を残す努力を心掛ける


  

評価は他人が下すものと知る

本日のアーティスト論ですが
評価は他人が下すものと知る
というテーマで研究したいと思います。


ご自分の音楽や表現する世界観を決めるとき
まぁこんなもんでいいだろうっと
決める人はいないと思いますが

でもだいたいはご自分で決めると思います。


逆に、よし!これなら納得ができる!と
自信を持って世界観を作り上げても
受け入れられずファンが増えない

ということが起こっている人もいます。


この2つに共通して言えることが…
あなたの評価はご自分ではなく
他人がするものである

というところなんですね。


なので、いくらご自分が納得いっても
他人から支持されていなかったら
人気商売上は全部が自己満足

と言われてしまう訳です。


現在、一生懸命頑張っている人の中で
なんでこんなに頑張っているのに…
どうしてファンが増えないんだろう

と落ち込んでいる人もいると思います。


そして、頑張れば頑張るほどハマって
最後には燃えつき症候群みたいに
やる気と人を信じることさえ諦める

ところまで行ってしまう人もいるでしょう。


なので、こういったときの抜け出し方は…
ご自分がいいと思っているもの
ではなくて他人がいいと言うもの

にアンテナを巡らす方法が効果的です。


こうすることによって、今までご自分の
中にはなかったアイデアを取り入れ…
ご自分のピントと世の中のピントが
少しずつ合って価値観が近くなる

という効果が期待できるからなんですね。


ちなみに、どんなに優れた天才の人も
結局は他人の評価の中で生きている訳です♪



今日の教訓:
評価はいつも他人が下すものなので
自分と他人のピントを合わせる


  

人間的におもしろい人の勝ち

本日のアーティスト論ですが
人間的におもしろい人の勝ち
というテーマで研究したいと思います。


時代によってアーティストに求められる
個性と言うか価値は違いますが
人間的におもしろい人が勝ち残る
ということは普遍的な事実だと思います。


幸いなことに、ワタクシはテレビ関係の
お仕事に携わっている人たちとお会いしますが
全員に共通して言えることは
テレビで活躍できるのは人の魅力がある

ということですね。


それが、1回だけの出演経験者より
回数を重ねてテレビに出演している人
ほど人間的魅力に溢れている人

ということが言えます。


ただ、これはテレビの表舞台だけじゃなく
裏方さん(関係者)にも言えることで
メディアに関わっている人はおもしろい

ということが、ワタクシの経験談です。


これはアーティストにも言えることで
例えば、テレビには出ていなくても
固定ファンがついていて
ワンマンショーを普通にできるレベル

の人たちも人間的におもしろい人ばかりです。


それは、音楽の話だけに留まらず
政治経済の話でも、異性の話でも
バカな話でも、何の話でも

その人の人間的魅力で調理されます。


そうすると、例えこちらが知らなくて
そのときに初めて聞くという話だとしても
ストレスや退屈さを感じることなく
とてもノリノリで聞くことができる

という、本当に不思議なことなんですね。


でもそれは、うまくいってるから
そういったおもしろ味があるのではなくて
人間的におもしろい人たちだからこそ
エンターテイメントの世界でうまくいく

ということが言えるのだと思います。


ちなみに、話が合うとかではなく
合わない話でも魅力的に聞けるんですよ♪



今日の教訓:
人間的におもしろい人だけが
エンターテイメント界で勝ち残る


ユーモアコミュニケーション

ユーモアコミュニケーション