音楽芸能ブログ〜音楽・芸能活動に役立つ研究レポート

芸能活動(特に音楽活動)に役立つ情報を 無料公開中!

歌でラポールを築く

今日は
歌でラポールを築く
について研究したいと思います。


ラポールをいうのは…
自己啓発心理学
NLP(精神言語プログラム)
 
の用語です!


専門用語的にそのまま載せさせて頂きますと…
2人またはそれ以上の人たちの間で
理解と相互信頼の関係を成立させ
維持する過程、相手の反応を引き出す能力

ということなんですねぇ。


「言ってる意味が複雑だなぁ~面倒だなw」
と思ってしまったので、もうちょっと噛み砕いてみましたら…

相手を受け止め相手との間に
信頼感を創り出すこと
相手と心の回路をつなぐこと

ということが分かったんです。


ちなみに…
NLPでは、このラポールこそが
コミュニケーションやスキルの前提となる
そうなんです~


これを 歌に変換 して解釈しますと
どれだけ自分の声を使って
相手との信頼関係を創り出せるか
また、心の架け橋をいくつかけられるか

ということなる訳なんですね。


ただし、上手く歌えばラポールを築ける訳ではなく
その方法は各個人によって異なり
共通して言えることは上手さだけではない

ということだとワタクシは思っております。


では、歌で相手とラポールを築くためには
何をしたら良いか?というと…
既に世に出ている歌手の声を聴いて
「ここが共感が持てる!」という項目を
必ず書き出し、その中でもさらに
共通なことがないかトコトン探してみる

というのが、遠回りのようですが近道です!!


それは、ラポールが相手との
『共通点』 によって築かれやすい
とも言われているからなんですね。


ただちょっと、 注意して欲しい のは
相手との共通点を見つけようとするあまり…
自分を気持ちを押し殺して
相手に無理やり合わせたりしない

ということだけです。


『相手に合わす』 ということは
時と場合によってとても大切なことですが
人に合わせた人たちが
歌手として活動できているのではなく
相手を自分の魅力で引きつけた人たちが
成功の1歩1歩を歩んでいる

とワタクシは信じております!


こうすることによって、少しずつではありますが
ものごとは良い方向へ動き出す
という確信をワタクシは持っております。


ワタクシの調べた方法を
是非一度お試し下さいませ~♪



今日の研究レポートはここまでです。


マンガでやさしくわかるNLP

マンガでやさしくわかるNLP

  

教え過ぎるトレーナー

今日は
教え過ぎるトレーナー
について研究したいと思います。


これはどういうことかと申しますと
読んで字のごとく という感じです!


どうしてこのようなことを研究するに至ったかというと
教え過ぎることであなたの才能を奪ってしまう
ということが起こるからなんですね。


「教えてもらえることは良いことじゃん!」
と思う方もいらっしゃる可能性があるため
今日は 『自立と依存』 という観点からも含め
研究レポートを進めたいと思います。


自立と依存 というとよく 全部やる・やってもらう
というふうに解釈されると思いますが
ここでワタクシが取り上げている 自立と依存 というのは…
自分の頭で考えるか
それとも、人の頭で考えてもらうか

ということなんですね。


そうなんです、歌唱力をアップさせるために大切なのは
人に教えてもらうばかり
だけではなくて…
自分の頭で考えて練習する
という方が、ワタクシは重視すべきことだと思っております。


では、自分の頭で考えて練習していくために
何をしたら良いか?というと…
例えインストラクターに習ったことでも
自分の考え方のもと、再度検証すること

というのが、面倒ですがとてもためになってきます!


しかし、こういったやり方は
本当にとても面倒なので
毎日毎日コツコツと続けていくためには
相当な覚悟と努力が必要 になってきます。


ただちょっと、 発送の転換 をして欲しいのが
トレーナーに依存してばかりで
ステージの上に立ったとき
そのトレーナーも一緒に立っているのですか?
ソロのヴォーカリストならなおさら
自分ひとりで解決すべきことではないのですか?

と 自問自答 して欲しいのです。


ムリだ!ムリだ!と頭ごなしに否定してしまわないで
最善の方法と問題解決策を
最後の最後まで考え
心の底からその可能性を信じて
ものごとに取り組む姿勢が大切である

とワタクシは信じております!


こうすることによって、少しずつではありますが
ものごとは良い方向へ動き出す
という確信をワタクシは持っております。


ワタクシの調べた方法を
是非一度お試し下さいませ~♪



今日の研究レポートはここまでです。


kasakoblog.exblog.jp

  

受信機を大きくする

今日は
受信機を大きくする
について研究したいと思います。


最近、自分という殻をブチ破るために
人間の器を大きくする というところにフォーカスした
セミナーによく参加しています!


このブログを読んで頂いた人に響いてもらうためには
まず、このワタクシが響かせられる人間にならなくてはと思い
自己投資という解釈のもと動いております☆


「自分の器と歌が上手くなることは別では?」
と思う方もいらっしゃる可能性があるため
今日は 『自分の器と歌の関係性』 というところを
フォーカスして 研究レポートを進めたいと思います。


自分の器 よいうとよく 人としての度量の大きさ
というふうに解釈されると思いますが
ここでワタクシが取り上げている 自分の器 というのは…
どれだけ自分を変えるための
情報を周りから素直に受け取り
与える人間になるための変換機を持てるか

ということなんですね。


そうなんです、歌唱力をアップさせるために大切なのは
物理的なフィジカル・トレーニン
だけではなくて…
自分の意識から変えていくための
意識改革の具体的さ

という方が、ワタクシは重視すべきことだと思っております。


では、自分の意識を変えていくために
受信機を大きくするために何をしたら良いか?というと…
普段から何気ないことにも
意識してフォーカスするようにする

というトレーニングが地味ですがベストです!


しかし、こういった地味なトレーニングが
最終的な歌唱力をアップさせるために
とても大切だと分かっても
意味わからない! と言われるかもしれません。


ただ、ちょっと発送の転換をして をして欲しいのが
ちょっと想像してみてください、あなたにいつも
メッセージをくれている人の言葉に
受信機をより大きくして受け取ったら
いったいどれだけの情報を活かせるか

というイメージがわいてくると思います。


ムリだ!ムリだ!と頭ごなしに否定してしまわないで
最善の方法と問題解決策を
最後の最後まで考え
心の底からその可能性を信じて
ものごとに取り組む姿勢が大切である

とワタクシは信じております!


こうすることによって、少しずつではありますが
ものごとは良い方向へ動き出す
という確信をワタクシは持っております。


ワタクシの調べた方法を
是非一度お試し下さいませ~♪



今日の研究レポートはここまでです。


  

  

リズムを作る練習

今日は
リズムを作る練習
について研究したいと思います。


歌唱力をアップさせるために
次に大切とされていることが…
リズムで歌を歌うこと とされています。


一見、「リズムってとるものでしょ?」という
クエスチョンマーク(?)が出てしまうかもしれませんが
実は 『リズムで歌う』 ということは
歌唱力アップの視点 からもとても大切なのです。


呼吸法や発声法だけでアプローチするよりも
ちゃんと リズム感も鍛えておく ことをしておくと
今風のポップアーティストのような
あの素晴らしいキレのある歌が歌える

という訳なんですね。


そうなんです、歌唱力をアップさせるために大切なのは…
呼吸法や発声法という口だけのトレーニン
ということだけではなくて…
全身を使ったリズムを活用する
グルーヴ感を鍛えるためのトレーニン

という方が、ワタクシは重視すべきことだと思っております。


では、リズム感を良くしてリズムで歌えるようになるために
いったいどういった練習をしたら良いか?というと…
適度のテンポをクリック(メトロノーム)で鳴らし
1拍目と3拍目は左右に揺れるステップ
1拍目と4拍目はクラップ(手を叩く)

というトレーニングが地味ですがベストです!


しかし、こういった地味なトレーニングが
基礎的なリズム感を養うためにとても大切だと分かっても
つまらないから無理! と言われるかもしれません。


ただ、ちょっと発送の転換をしてほしい のが
例え毎日やるのはかったるいかもしれませんが
2日に1回はやるようにする あるいは…
週に1回だけでもいいから
自分との約束ということで
目標設定をし少しずつ達成していく

という姿勢(こと)なら絶対に可能だと思います。


ムリだ!ムリだ!と頭ごなしに否定してしまわないで
最善の方法と問題解決策を
最後の最後まで考え
心の底からその可能性を信じて
ものごとに取り組む姿勢が大切である

とワタクシは信じております!


こうすることによって、少しずつではありますが
ものごとは良い方向へ動き出す
という確信をワタクシは持っております。


ワタクシの調べた方法を
是非一度お試し下さいませ~♪



今日の研究レポートはここまでです。


  

睡眠の質で差をつける

今日は
睡眠の質で差をつける
について研究したいと思います。


歌唱力をアップさせるために
実はとても大切なこととされているのが…
睡眠や身体をしっかり休めること
とされています。


一見、睡眠と歌唱力は
関係なさそうな分野に見えそうですが
実は 『体調』 という項目において
とても深い関係があります。


実際に歌ってトレーニングするのも練習ですが
これを 歌唱力をアップさせる方法 としてとらええると
睡眠の質が上がることで
歌唱力もアップさせることができる

ということになる訳なんですね。


そうなんです、歌唱力をアップさせるために大切なのは…
レーニングでガンガン歌って鍛えまくる
ということだけではなくて…
身体(全身)をしっかりメンテナンスして
体調を常にベストの状態にしておく

という方が、ワタクシは重視すべきことだと思っております。


では、体調を常にベストの状態にしておくために
質の良い睡眠をとる方法はどうしたら良いか?というと…
眠りの質が一番良いとされている
22時~2時の間に、必ず
深い眠りについているようにする

ということがベストです!


22時というのは夜の10時のことですが
若者にとって(特に20~30代の人)は
夜10時に寝るなんて無理! かもしれません。


ただ、ちょっと発送の転換をして
22時に寝るのは無理だとしても
午前0時にはベットに入るようにする あるいは…
リハーサルやライヴの前の日だけでも
22時に寝れるように
スケジュールや努力をする

という姿勢(こと)なら可能だと思います。


ムリだ!ムリだ!と頭ごなしに否定してしまわないで
最善の方法と問題解決策を
最後の最後まで考え
心の底からその可能性を信じて
ものごとに取り組む姿勢が大切である

とワタクシは信じております!


こうすることによって、少しずつではありますが
ものごとは良い方向へ動き出す
という確信をワタクシは持っております。


ワタクシの調べた方法を
是非一度お試し下さいませ~♪



今日の研究レポートはここまでです。


  

  

声量をアップさせる

今日は
声量をアップさせる
について研究したいと思います。


声量をアップさせるために効果的なのは…
身体の力をどれだけ抜いて
遠くの人に向かって声を届ける意識

ということがささやかれています。


これを 声量をアップさせる方法 ととらえ
感覚をマスターすることで
歌唱力が飛躍的にアップする

ということになる訳なんですね。


そうなんです、声量をアップさせるためには…
腹筋を鍛え大きな声を出す
ということではなく…
身体の力を抜いて遠くを意識する
方が良いとされております。


では、身体の力を抜いて遠くを意識するためには
いったい何をしたら良いのか?調べましたところ…
身体の力を抜くためには
まずリラックスして気分を落ち着かせる
遠くを意識するためには
会場の一番うしろの席を意識する

ということが良いでしょう☆


次に、前回途中まで研究した
声に表情をつける方法 についての続きです。


声のニュアンスをアップさせる
つまり、声に表情をつけるためのトレーニングは…
ボディランゲージ・シンギング
というトレーニングが適していると言われています。


どういった方法か?を説明させて頂きますと
声を出すときに
身体の動きも連動(シンクロ)させて
全身全霊で表現をする

というやり方です。


こうすることによって、ウソ臭さのない
つまり、偽りのないニュアンス作り
ができるという訳です。


ワタクシの調べた方法を
是非一度お試し下さいませ~♪



今日の研究レポートはここまでです。


伝わり方が劇的に変わる!  しぐさの技術 (DOBOOKS)

伝わり方が劇的に変わる! しぐさの技術 (DOBOOKS)

  • 作者:荒木 シゲル
  • 発売日: 2017/01/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

  

ニュアンスを大切にする

今日は
ニュアンスを大切にする
について研究したいと思います。


ニュアンスというのは、直訳すると…
意味合いの微妙な違い
感覚の細かな差異 など

のことを指します。


これを 声のニュアンス というふうに解釈すると…
声の出し方・使い方の
微妙な違いや細かな感覚の差異

ということになる訳なんですね。


でも実は、それが…
歌唱力に関して大きな影響力を持つ
とされておりまして、それをマスターすることが…
歌唱力アップの密かな近道
というふうにも考えられております。


では、声のニュアンス力をアップさせるために
いったい何をしたら良いのか?調べましたところ…
声に表情をつけるトレーニングをする
ということがわかりました。


声に表情がつけば、歌声(音)にも表情がつき
結果、色のある歌い方をすることができる
という訳です。


では、そのトレーニングとは…?


それは、次の研究レポートでお届けしたいと思います♪



今日の研究レポートはここまでです。


ハイスピードプラン