音楽芸能ブログ〜音楽・芸能活動に役立つ研究レポート

芸能活動(特に音楽活動)に役立つ情報を 無料公開中!

白人リズム 黒人リズム 日本人リズム

リズム論 という超重要なテーマの中から…
白人リズム 黒人リズム 日本人リズム
ということを一緒に研究していきますね。


まず この『音楽芸能ブログ』の目的は
音楽や芸能活動を…「お仕事にしたい!」
と思ったら "何をしたら良いのか?"
ということを研究していくので

これから本格的に音楽活動を始める
演技やお喋りなどの芸能活動をする
という人
もう始めて何ヶ月・何年か経つのだが
なかなか前に進んでいるようには…

と感じている もしくは実感しているなら
是非とも一緒に研究してもらいたいです。


リズム感は歌・楽器演奏・ダンスには必須事項
ということが 意外と知られてない 訳なんですが
さらに細かく言うと 人種別のリズム があり

白人はユーロビートやロックのリズム
黒人はゴスペルやR&Bのリズム
日本人は民謡や演歌のリズム

があり ジャンル別に リズムを習得します。
(このジャンル別に習得するのが大切ですね)


ジャンル別にリズムを習得することが実は大切
なので "全部同じリズムの取り方" ではしないで
"ジャンル別=人種別の取り方" を学習して

ロックではロックのリズムの取り方
R&BではR&Bのリズムの取り方
演歌なら演歌のリズムの取り方

をすることで "絶対的なリズム" が体得できます。
("音楽的に違う取り方" をしてると変ですね)


なので "最初は各ジャンルのリズム" について
特徴を "1ずつ丁寧に学ぶ" ことが大切であり
各ジャンルのリズムの特徴というのは つまり…

ビートの刻み方 即ち アップの取り方
が異なってくるので その違いを知る

ことで『絶対的なリズム感』が手に入り
どんなジャンルでもこなせるようになります。


ちなみに、この違いを知らない ために
"実力よりもヘタになっている人" ということが
実は 非常に多いため注意する 訳ですね♪


本日の研究成果:
リズムの取り方は 実は人種によって
分かれているものであり 細かく言うと
白人はユーロビートやロックの取り方
黒人はゴスペルやR&Bの取り方
日本人は民謡や演歌の取り方をして
リズムを取っているため 違う人種の
取り方をしてしまうと 合わない


audition.nerim.info

日本人のためのリズム感トレーニング理論 (CD付)

日本人のためのリズム感トレーニング理論 (CD付)

  • 作者:友寄 隆哉
  • 発売日: 2014/02/07
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

  

トークや演技にもリズム感が必要

リズム論 という超重要なテーマの中から…
トークや演技にもリズム感が必要
ということを一緒に研究していきますね。


まず この『音楽芸能ブログ』の目的は
音楽や芸能活動を…「お仕事にしたい!」
と思ったら "何をしたら良いのか?"
ということを研究していくので

これから本格的に音楽活動を始める
演技やお喋りなどの芸能活動をする
という人
もう始めて何ヶ月・何年か経つのだが
なかなか前に進んでいるようには…

と感じている もしくは実感しているなら
是非とも一緒に研究してもらいたいです。


リズム感は歌や楽器演奏・ダンスだけに必要
と思っている方々が 意外と多い 訳なんですが
実は トークと演技 にもリズム感が関係して

リズム感がよい人は 音楽関連のこと
だけではなく トークも上手だったり
演技も上手だったりするので この
リズム感を体得することがとても重要

なため 気合いを入れて リズムを体得しましょう。
(リズム感が向上すると本当に有利です)


人が話すのにもスピードと強弱が存在するため
そのリズムを "感覚的に読み取る" ことで
"相手とのテンポが合い" やり取りが円滑になり
会話の相手にも気持ちよい印象を与え
また その会話を聞いている人たちにも
心地良い感覚を与えることができる

ので "トークでもリズム感が大事" なのです。
("間がいい" とかって言いますもんね)


そして "演技も実は間が大事" であるため
セリフと "セリフの感覚的リズム" が大事で
この間隔をよりリズミカルに感じられることで

次のセリフが出やすかったり また
出た "言葉の響きや感じ方" にも影響し
結果として素晴らしい演技力になるため

やはり『リズム感を鍛えて』歌・ダンス以外の
分野にも活用するとよい結果が伴ってきます。


ちなみに、生活や習慣 というのもリズムであり
"成功のリズム(サイクル)" という言い方をする
ため 何事にもリズム感が必要 と言える訳ですね♪



本日の研究成果:
リズム感は 歌・楽器・ダンス が
必要不可欠だと思われているが 実は
トークや演技 もっと広げてみれば
生活や習慣・成功するためのには
必要不可欠な重要なものである


audition.nerim.info

  

リズムのキレを生み出す要素とポイント

リズム論 という超重要なテーマの中から…
リズムのキレを生み出す要素とポイント
ということを一緒に研究していきますね。


まず この『音楽芸能ブログ』の目的は
音楽や芸能活動を…「お仕事にしたい!」
と思ったら "何をしたら良いのか?"
ということを研究していくので

これから本格的に音楽活動を始める
演技やお喋りなどの芸能活動をする
という人
もう始めて何ヶ月・何年か経つのだが
なかなか前に進んでいるようには…

と感じている もしくは実感しているなら
是非とも一緒に研究してもらいたいです。


リズムは取れるんだけど今ひとつキレがない
という悩みを持っている人は 非常に多い 訳で
この解決方法に 瞬発力と脱力 というものがあり

ビートというのは点と点の連続帯で
そのことを パルス(PALS)とも言うが
1点と1点を結ぶための線の軌道を
筋肉の瞬発力と脱力を繰り返して
行うことによって リズムにキレが出る

ため 瞬発力と脱力 がとても大切になります。
(ここを理解すると非常に上達していきます)


身体を動かすのも全部一定のスピードで
動かしている人 "ダラダラ動かす人" は特に
"リズムにキレがなく" だらしない取り方なので
まず最初に クリックに合わせて指を
前にくり出して 1・2 1・2 と点を
意識するような感覚で 瞬間的に
リズムを捉えて 瞬発力を養う練習

"気が狂う" くらいにやってみましょう。
("本当に気が狂うくらい" やりますw)


そして "クリックに合わせた点" が取れたら
次に "点と点との間に脱力を入れる" 感覚で
脱力を入れることにより 瞬発力にアクセントが

加えられることになり このアクセントが
いわゆる "リズムのキレ" であるため
最初は リズムを瞬発的に点で取って
取れるようになったら 脱力を加える

ことで『リズムのキレ』 を生み出して
歌・楽器・ダンスによいリズムが身につきます。


ちなみに、点と線という考え方 というのは
"歌やダンスの表現力" にも役立ってくるため
この段階で理解 しておくとよいでしょう♪



本日の研究成果:
リズムが取れても今ひとつキレが
足りないと悩んでいるのであれば
身体の瞬発力と脱力を理解して
練習に取り入れることによって
より高い精度のキレが身につく


audition.nerim.info

  

感覚的リズム音痴 運動的リズム音痴

リズム論 という超重要なテーマの中から…
感覚的リズム音痴 運動的リズム音痴
ということを一緒に研究していきますね。


まず この『音楽芸能ブログ』の目的は
音楽や芸能活動を…「お仕事にしたい!」
と思ったら "何をしたら良いのか?"
ということを研究していくので

これから本格的に音楽活動を始める
演技やお喋りなどの芸能活動をする
という人
もう始めて何ヶ月・何年か経つのだが
なかなか前に進んでいるようには…

と感じている もしくは実感しているなら
是非とも一緒に研究してもらいたいです。


"リズムが取れない・取るのが苦手の人"
リズム音痴と一般的には呼びますが 正確 には
2種類いまして 感覚的・運動的 という分類で

頭の中でリズムというものが何だか
よく分かっていない人のことを
感覚的リズム音痴といい 一方

頭の中ではリズムというものが
分かっていて 数えたりもできるが
身体を付けると上手く取れない人
のことを運動的リズム音痴

というため 自分のタイプ をまず知ります。
(のちのち ここで大きな差が出ます)


タイプを知ることで "適した練習の順序" も
違ってくるため "自分のタイプ" を知らないで
"適さない練習方法を行っていても" ダメで

頭の中でリズムが分かってないのに
分かったつもりで身体を動かしても
何の効果もなく時間と労力がムダで

逆に リズムは取れるんだが身体を
付けると上手くできない人は もしや
リズム音痴ではなくて運動音痴

という "新たな発見" にもつながってきます。
("自分を知ることは大事" ですよね)


従って "感覚的リズム音痴の傾向の人"
身体を動かす前に "頭で理解" をしてみてから
"次に身体を動かす練習をする" ことによって

適当だったリズムの取り方が直り
本当の意味でのリズムマスターになれ

運動的リズム音痴の人は 単純に
リズムではなく身体の運動能力の問題

ということなので『タイプを知り練習』 をして
もっと効率的に能力を向上させましょう。


ちなみに、運動的リズム音痴 というのは
"楽器陣" に比較的多く 逆に感覚的は
実は ダンサーに多い と言われております♪



本日の研究成果:
リズム音痴とひと言で言っても
感覚的なリズム音痴と 逆に
運動的なリズム音痴がいるため
自分はどちらのタイプかを知り
より効率的な練習方法を選択する


audition.nerim.info

  

歌も楽器も身体の部位を動かしてみる

リズム論 という超重要なテーマの中から…
歌も楽器も身体の部位を動かしてみる
ということを一緒に研究していきますね。


まず この『音楽芸能ブログ』の目的は
音楽や芸能活動を…「お仕事にしたい!」
と思ったら "何をしたら良いのか?"
ということを研究していくので

これから本格的に音楽活動を始める
演技やお喋りなどの芸能活動をする
という人
もう始めて何ヶ月・何年か経つのだが
なかなか前に進んでいるようには…

と感じている もしくは実感しているなら
是非とも一緒に研究してもらいたいです。


"リズム感を養うにはダンスをするのが良い"
一般的にが言われてますが 実際は ダンスより
身体の 部位を動かしてリズムを感じる つまり…

アイソレーションを活用してリズムを
身体の部位(首や腰)で取ることにより
段々とリズムを芯で捉えられるように
なっていき 結果的には近道と言える

ため 身体の部位を使う ことがポイントです。
(メトロノームで数えているだけはダメ)


つまり "リズムとは身体から作られる" もので
そのために "体内リズム" をコントロールして
"コントロールするには身体の部位を使い"

足でリズムを取ったりするのではなく
身体の部位(アイソレーション)で取り
ダンサーになる訳ではありませんが
身体でリズムを作り出せないとダメ

という "絶対条件をクリア" していきます。
("リズムを作り出す" って言い方をしますね)


なので "ダンサーが身体を動かして" なのは
当たり前なのですが "歌も楽器も" 一緒に
"身体の部位を使ってリズムを取る" ことで…

いまいちリズムにキレがなかったり
また 『リズムに自信がない』ことが
解消できるため 部位を使って取る

ことで『リズム論体得の近道となる』 ため
今日から身体を動かして練習しましょう。


ちなみに、アイソレーション なら ダンスが
"踊れない人" でも意外と手軽にできるため
部位を 動かしての練習 は誰でもできます♪



本日の研究成果:
歌の人は歌 楽器の人は楽器と
割り切って考えるのではなくて
結局 リズムは身体の中で繋がり
身体でよいリズムが作れる人は
歌でも楽器でもトークでも何でも
よいリズム感を生み出せるため
身体の部位(アイソレーション)で
リズムを取る練習を重ねるべし


audition.nerim.info

■LEVEL 1:アイソレーション

■LEVEL 1:アイソレーション

  • メディア: Prime Video

  

他がやらないリズム感だから差がつく

リズム論 という超重要なテーマの中から…
他がやらないリズム感だから差がつく
ということを一緒に研究していきますね。


まず この『音楽芸能ブログ』の目的は
音楽や芸能活動を…「お仕事にしたい!」
と思ったら "何をしたら良いのか?"
ということを研究していくので

これから本格的に音楽活動を始める
演技やお喋りなどの芸能活動をする
という人

もう始めて何ヶ月・何年か経つのだが
なかなか前に進んでいるようには…

と感じている もしくは実感しているなら
是非とも一緒に研究してもらいたいです。


歌が上手くなりたい人はネット検索で
「歌唱力UP」や「歌が上手くなる」
という調べ方をしていて ダンスなら
「ダンス上達」や「プロダンサー」と
いう感じで調べているのが予想できる

ため リズムが命 とまでは思ってない訳です。
(人が少ない時がチャンスの時期ですね)


誰だって "リズムが優れている人" の方が
後々は "上達が早く優れた人材になる" のを
"理解している" 訳なんですが でもここで…

人と同じことばっかりをやってても
オリジナリティが特に求められる
音楽・芸能という業種においては
他人と並ぶだけで生きていけたら
みんながプロになれているという
仮説が立つので それはない!

ため "抜け穴を通る" ことをします。
("人並みレベルも確かに大切" ですね)


なので "まず必死になってアップの習得" をし
アップとダウンが "無意識レベル" で取れたら
"リズムの正しいノリ方" の分析を必死にして

もっと歌が上手くなりたい!と思ったら
とにかく『リズムを鍛える』 そしてまた
もっとダンスが上手くなりたい!のなら
とにかく『リズムを鍛える』ということが
バカの1つ覚えに見えるかもしれないが
実は 一番上達するための近道である

と言えるので『リズムについて学ぶ』 ことは
他と大差をつけるためには必須項目なのです。


ちなみに、ネットは深いところまで書いてない
"巷では言われている" そうなんですが でも
真実を 書いても 体得できないと意味がないです♪



本日の研究成果:
世の中的には この
リズムというものの大切さがあまり
広く理解されていない もしくは
そんなに重要とされていないため
今がまさにチャンスの時期


audition.nerim.info

  

どうしても数える場合は首か体幹で

リズム論 という超重要なテーマの中から…
どうしても数える場合は首か体幹
ということを一緒に研究していきますね。


まず この『音楽芸能ブログ』の目的は
音楽や芸能活動を…「お仕事にしたい!」
と思ったら "何をしたら良いのか?"
ということを研究していくので

これから本格的に音楽活動を始める
演技やお喋りなどの芸能活動をする
という人
もう始めて何ヶ月・何年か経つのだが
なかなか前に進んでいるようには…

と感じている もしくは実感しているなら
是非とも一緒に研究してもらいたいです。


"リズムは数えるのではなく取る" ことが大事
なんですが "どうしても" という理由で数える
つまり 小節を確認したり などの場合には…

一般の人や素人さんだったら 足や指
もしくは手を叩いてリズムを数えますが
その数え方をするとアップではなくて
ダウンになってしまうので 数えるなら
首か もしくは体幹を使って数える

ことで ダウンになるのを防ぐ ことができます。
(意外とコレを知らない人が多いです)


ただ "首と言ってるのに頭を振って" 数える人
もいるので "頭ではなく首の根っこ" を使って
"アイソレーションを活用" して数えることで…

1・2・3・4と数えると自然とダウンに
なってしまうんですが 首の根っこか
もしくは 体幹(腰回り)でリズムを数え
リズムを感じる感覚を養っておけば
数えてもアップで取ることができる

という "ちょっとしてコツ" がございます。
("首で取るのをダック" と言います)


これは "歌でもダンスでも楽器でも" 同じで
特に楽器の人は "足でカウントしてしまう" と
"薄っぺらいリズム感" しか育たないので…

リズムを数える時は 絶対に首の根っこ
もしくは体幹(腰回り)で数える癖をつけ
この数え方を習慣的にすることにより
外国人のようなリズム感を体得する
第一歩につながるので気をつける

ことで『ビートコントロール ができるようになり
マチュアとプロとの違いが作れる訳です。



ちなみに、黒人の方をよ~く観察 すると
"歩いている時でも首でリズムを取って" いて
首を 前後に動かして 歩いていたりしますよ♪



本日の研究成果:
リズムを数えるのはお勧めできないが
どうしても確認のため数える場合は
足や手ではなく 首かもしくは体幹
数えることで 多少はダウンビートの
予防になるため 普段から取り入れる


audition.nerim.info