音楽芸能ブログ〜音楽・芸能活動に役立つ研究レポート

芸能活動(特に音楽活動)に役立つ情報を 無料公開中!

感性でアーティスト名を決める

アーティスト論 というテーマの中から…
感性でアーティスト名を決める
という研究をしていきます。


感性の活かし方 を色々と模索すると
『まずアーティスト名をつける』など

論理的な考え方も勿論ありだが
やはり 芸術面で勝負をしていく
アーティストなら 感性でつける

ことが「もっとも望ましいこと」ですね。


意味よりも響きを大事に という
「直感的な活かし方」の方がよりよく…

例え 名前の意味を知らなくても
その響きを聞いただけで相手が
こちらのイメージを容易に持てる

特徴を表す ことがとても大切です。


ネーミングがもっとも重要 であり
「売れるために改名」までするのは…
やはり 意味よりも響きが変わり
自分たちへの印象が変わると
そこから発展するイメージも
ドンドンよいものへ転じていく

ため 改名を依頼 する訳ですね。
(ゲッター飯田さんなどが有名)


一説では ラ行・ザ行・バ行・パ行
がヒットする名前
と聞いたことがあり

ラッドウィンプス
リンドバーグ
ルナシー
レミオロメン
ローリングストーン
ザ・フー
ジ・アルフィー
ズー
ゼア
ゾーン
バンプオブチキン
ビートルズ
ブルーノ・マーズ
ベンチャーズ
ボウイ
パフューム
ピンク
プリンセスプリンセス
ペニシリン
ポルノグラフィティ

という『いわゆる王道』と呼ばれる
アーティストたちが支持されるのは
やはり 響きがよいアーティスト名
だからという理由もある訳です。


ちなみに、頭じゃなくても よくて
サザンオールスターズなど
名前の中に上記の行がある

アーティスト名もいいそうですよ。


本日の研究成果:
アーティスト名は意味よりも
響きで決める方がよい!